11月 022017
 

JA栗っこは10月18日、都内のKKRホテル東京で「2017 秋の栗原まるごと観光と物産展」開催した。

JA栗っこの吉尾三郎代表理事組合長は挨拶で、29年産水稲の生育は「異常な気象状況に見舞われたが、JAのある宮城県北部の作況は101で、日照不足の割に作柄はまずまずだった。粒張りも良く食味も平年並み」と話した。JAの販売推進課からも、「登熟が長くなった分、じっくり生長したのではないか」との見解が示された。

 

 

宮城県気仙沼市で生まれた小野寺五典防衛大臣が来賓として訪れ、挨拶を行った。

 

 

 

 

 

管内の主な水稲作付品種は、ひとめぼれが約6,445㌶、つや姫が703㌶、萌えみのりが387㌶、ササニシキが143㌶、東北194号が30㌶となっている。

会場では、ひとめぼれ、つや姫、東北194号、萌えみのり、そして新品種の「だて正夢」の試食も提供されたほか、仙台牛のステーキもふるまわれた。

 

 Posted by at 9:23 PM
11月 022017
 

《茨城・鉾田市》スーパーストア経営、(有)スーパーいづみや、負債1億円
《沖縄・那覇市》酒類卸、(株)大一酒類販売、負債2億5000万円
《東京・中央区》生鮮魚介類卸、セブンシーズトレーディング(株)、負債1億4300万円



・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:32 AM