7月 312015
 

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年6月)

1.相対取引価格(資料PDF)
平成27年6月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で、12,068円/玄米60kg(対前月比+1.5%)となっています。

2.契約・販売状況(資料PDF)
平成27年6月末現在の全国の集荷数量は343万トン、契約数量は313万トン、販売数量は220万トン、集荷数量に対する比率は、契約数量が91%、販売数量が64%となっています。

3.民間在庫の推移(資料PDF)

平成27年6月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で172万トン(前年同月差▲18万トン)となっています。

4.事前契約数量(資料PDF)

全国の事前契約数量は99万トン、集荷数量に対する比率は29%となっています。

 Posted by at 5:17 PM
7月 312015
 

■「北海道では畑作、稲作でもGPSが大ブームになっており、GPS機器が入手難になっているほどなんですよ。一番人気はカメラメーカーと外資のGPS会社の合弁会社のものですね。精度が極めて良いですし、耕作や播種、肥料散布などの作業工程が一目でわかるようになっているんで、
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:15 PM
7月 302015
 

《滋賀・高島市》有機質肥料の製造販売・株式会社高島エコ・負債2億2000万円
《静岡・御前崎市》旅館経営・五季有限会社・負債4億2000万円
《沖縄・八重瀬町》きのこ生産・農事組合法人具志頭バイオセンター・負債15億5000万円



・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 10:12 AM
7月 292015
 

 農水省は28日、「平成27年度 病害虫発生予報第5号(水稲特集)」を発表。
 特にイモチ病は、例年に比べ全国的に発生が多くなっており、適切な防除と注意を呼び掛けている。

1

【注意報】
・イモチ病では、宮崎、大分、高知、大分、埼玉、佐賀、福岡が注意報を出している。

・ヒメトビウンカによる縞葉枯病では、神奈川、茨城、埼玉、群馬、栃木が注意報。

・カメムシ類による斑点米では、京都、富山、福島、福井、新潟、宮城、石川、山形、島根、岐阜が注意報。

 Posted by at 4:58 PM
7月 292015
 

米穀機構発表の「米の消費動向調査結果(平成27年6月分)」(資料PDF

【概要】

■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,436グラム、
うち「家庭内消費量」が3,055グラム(前月比 +30g)、
「中食・外食の消費量」は 1,381グラム(前月比 -66g)

■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などから無償で入手」、「インターネットショップ」の順番(前月同)

■精米購入の際の重視点は「価格」、「産地」、「品種」の順番(前月同)

■家庭内の月末在庫数量は 6.1キログラム

1


以下グラフは昨年4月からの消費量の推移。(単位:㌘)
6月の一カ月消費量は、前月からマイナス36グラム。
家庭内消費量は5月から30グラムの増となったが、外食はマイナス66グラム。

2

 Posted by at 3:03 PM
7月 292015
 

 (有)角田健土農場がある角田市は県南部内陸に位置し、市内を南から北に向けて流れる阿武隈川下流域の一大米作地帯である。仙台駅からJRで槻木駅、阿武隈急行線に乗り換えて角田駅下車。駅から直線距離で4㌔ほど北西方向にある同農場(角田市稲置字狐崎3・小野健蔵代表・電話0224-67-3011)に向かった。道すがらの田んぼには、餌をついばむ白鷺が多い。手代木沼(てしろぎぬま・300年前に築かれた農業用水池、白鳥の越冬飛来地)を過ぎると左手のこんもり小高い丘の上に工場倉庫の大きな屋根が見えた。DSC01197


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 12:35 PM
7月 292015
 

平成27年産水稲の西南暖地における早期栽培等の作柄概況(7月15日現在)(資料PDF)

 農水省は7月28日、早期米産地である高知、宮崎、鹿児島、沖縄第一期作の7月15日現在の作柄概況を発表。
高知県は、全もみ数が「平年並み」を確保できたことから、作況も「平年並み」を見込む。
一方、宮崎、鹿児島は4月から5月中旬にかけての日照不足、6月の低温・日照不足等の影響で全もみ数が少なく、平年比94%以下の「不良」を見込む。
沖縄も台風第6号の影響で開花・受精が阻害され「不良」。

1

 Posted by at 12:30 PM
7月 282015
 

【イベント】
(Link) ・新潟,農研機構 北陸研究センター「一般公開」「笑みの絆」で作った”ちらしずし”試食
(Link) ・北海道,最新農作業技術実演会のご案内 農研機構



・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 10:31 AM
7月 272015
 

 雨続きの南九州では7月24日積みの宮崎コシヒカリの第一便は出荷不能となってしまった。卸側は「何とか29日か30日に入荷してもらえれば」といった状況になっており、例年のこととは言え南九州の早期米は気象条件に悩まされる。ただ、南九州以外のコメ産地は今月中旬以降高温多照になり、しかも適度に降雨があったことからイモチ病の発生懸念も薄れ、「土用三日照れば不作なし」といった状況になっている。

 全農が7月1日現在でまとめた全国の27年産水稲の生育状況をみても良が28%、平年並みが78%、不良0%になっており、6月1日現在と比較すると良が16%→28%に増えている。また、生育ステージも平年に比べ早いところが38%に上っており、新米の出回り時期も早まりそうである。先高を期待していた向きは「エルニーニュはどうなったんでしょう」とぼやいている。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:05 PM
7月 272015
 

 和穀の会は26日、「花キラリ特約店説明会」を東京四ツ谷で開催。小売60店と、5産地が参加。説明会では、主力品種「花きらり」で、新たに石川県JA小松市での栽培開始が紹介された。27年産では6県・9団体での栽培に拡大となる。

 新規に取扱いを開始する銘柄では、昨年スポット的に少量が扱われ、販売店での評価が高かった茨城「ふくまる」、新潟JA北越後の有機コシヒカリの本格販売が決まった。
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:00 PM