5月 292015
 

平成26年産米の相対取引価格・数量、契約・販売状況、民間在庫の推移等について(平成27年4月)

1.相対取引価格(資料PDF)
平成27年4月の相対取引価格は、全銘柄平均価格で、11,921円/玄米60kg(対前月比▲0.2%)となっています。
2.契約・販売状況(資料PDF)
平成27年4月末現在の全国の集荷数量は341万トン、契約数量は285万トン、販売数量は171万トン、集荷数量に対する比率は、契約数量が83%、販売数量が50%となっています。
3.民間在庫の推移(資料PDF)
平成27年4月末現在の全国段階の民間在庫は、出荷・販売段階の計で246万トン(前年同月差▲12万トン)となっています。
4.事前契約数量(資料PDF)
全国の事前契約数量は98万トン、集荷数量に対する比率は29%となっています。

 Posted by at 5:41 PM
5月 292015
 

米穀機構発表の「米の消費動向調査結果(平成27年4月分)」
資料PDF

【概要】
■「1人1ヵ月当たり精米消費量」は 4,877グラム、うち「家庭内消費量」が3,351グラム(前月比 +274g)、「中食・外食の消費量」は 1,526グラム(前月比+269g)
■精米購入・入手経路は「スーパーマーケット」、「家族・知人などから無償で入手」、「インターネットショップ」の順番(前月同)
■精米購入の際の重視点は「価格」、「産地」、「品種」の順番(前月同)
■家庭内の月末在庫数量は 6.0キログラム

1

 Posted by at 5:32 PM
5月 292015
 

 産業競争力会議・実行実現点検会合が27日開催された。議題は「農地中間管理機構の現状について」。
配布された資料
資料1 農地中間管理機構の初年度の実績等について
(農林水産省提出資料)
資料2 農地中間管理機構の実績等に関する資料
(農林水産省提出資料)
資料3 農地中間管理機構を軌道に乗せるための方策について
(農林水産省提出資料)
資料4 農地情報公開システムの概要
(農林水産省提出資料)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 1:28 PM
5月 282015
 

《東京・中央区》栽培ハウスシステム販売・株式会社アーサーアグリ・負債4億9200万円
《茨城・北茨城市》ゴルフ場経営・東銀興産株式会社・負債約60億円見込み
《埼玉・川越市》食肉加工・ヒロコーポレーション株式会社、他・負債約6億円
《兵庫・神戸市》寿司店経営・株式会社上伊・負債1億6000万円
《熊本・八代市》ゴルフ場「八代ゴルフ倶楽部」経営・八代グリーン開発株式会社・負債17億7900万円
《大阪・豊中市》スーパーマーケット、とんかつ店経営・株式会社半田喜一・負債3億円



・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 11:00 AM
5月 272015
 

【マーケットインというモノづくり-全国最大規模で「みつひかり」を導入
      滋賀県野洲市の(株)グリーンちゅうず

 滋賀県野洲市の(株)グリーンちゅうずは平成27年、多収性のハイブリッドライス「みつひかり」の作付を昨年実績の42.5㌶から50㌶まで拡大する。これは水稲の全作付面積130㌶の4割近くに相当する。値ごろ感のあるコメを求める実需者が増えてきているためだ。経営の根幹には「マーケットイン」という当たり前のモノづくりがある。

【相手があってのコメづくり】
 三井化学アグロ(株)が育成した「みつひかり」は、10㌃当たりの収量が全国平均で12~13俵と、各地域の一般品種より3~5割多い。ただ種子代は
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 3:05 PM
5月 272015
 

【鹿児島・種子島】日照が例年に比べて少なかったものの、4月上旬以降気温が高めで推移し、生育は概ね順調。南種子町では、例年に比べ1週間~10日程度生育進度が早い。分けつ数もやや多め。6月10日頃の出穂を見込む。一部でカメ虫の発生が多くなりそうだが、大きな懸念は出ていない。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 3:00 PM
5月 252015
 

 イオン(株)の子会社でイオン農場を運営するイオンアグリ創造(株)。平成21年7月に設立し、現在19の農場を展開する。今年は埼玉の羽生農場でコメの生産を始めてい。同社の福永庸明代表取締役にコメ生産に対する考え伺った。

(写真)イオンアグリ創造(株)「埼玉羽生農場」
イオンアグリ創造(株)「埼玉羽生農場」


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:24 PM
5月 222015
 

【全米工通常総会】
 5月21日に行われた全国米穀工業協同組合の第33回通常総会。開会に先立ち、(株)坂本食糧の坂本盛幸理事長が挨拶を行った。理事長は26年産の特定米穀の価格下落で実需の利用が増えていることを指摘。しかしながら米の主食用生産量が減り、くず米の発生量もそれに合わせて全体量が減少となる。また「天候などで異常な状態にならないという保証もない。実需が国産の特定米穀を安心して使えるよう、備蓄対策など何らかの対策、安全弁があった方がいい」として、今後、組合員と検討していくことを示唆した。
 続いて、農水省の米麦流通加工対策室長の大西正晃氏が挨拶を行った。

(写真)挨拶する坂本理事長
坂本理事長

 役員改選においては、理事長は坂本盛幸氏が再任。専務理事に中島三郎氏が新任、理事は(株)田島屋の田島光夫氏、津田物産(株)の東山忠雄氏、(株)藤井商店の藤井宜秀氏が青年会議議長としてそれぞれ新任。また監事は田中食品産業(株)の田中瑞浩氏が新任、相談役に惣山安正氏が新任。

 これまで組合の発足当初から長年理事を務めてきた田中食品産業の田中会長が退任することとなり、挨拶を行った。田中会長は「全米工が発足して33年。創設期は本当に激動の時代だったように思う。当時のメンバーも今こういう風になるとは想像もしていなかった。初代の藤井理事長の頃は、だいたい闇屋の仲間だった。食糧庁には相手にしていただけなかった時代。その時の藤井さん、非常に苦労された。片山さんのお父さんが理事長になられて、その頃から一生懸命食糧庁に接触され、ようやく大野さんの時代になって蜜月関係になった。3代の理事長さんは苦労された。今見てみると、ほとんど2世の方ばっかりですが、坂本理事長のもと新しい組合を作って行っていただきたい。この2~3年非常に難しい時代。これほど難しいのは過去30年前に一回だけあった。オイルショックの時で、あの時はみなさん苦労された。去年、一昨年から、大きく変わる時代に入ったとつくづく感じている。片山さんのお父さんが唯一の元気印の組合とおっしゃったことを今も覚えている。長い間大変お世話になりました」と挨拶した。

(写真)挨拶する田中会長
田中

(写真)講演の後に行われた親睦会
懇親会


【講演「農業IT管理ツール「豊作計画」について」】
 続く記念講演は、坂本理事長の強い要望もあり、トヨタ自動車(株)新事業企画部企画総括グループ主任の喜多賢二氏を講師に招き、「農業IT管理ツール「豊作計画」について」と題して行われた。講演の大筋と資料は以下の通り。
(写真)講演を行う喜多賢二氏
トヨタ
1
 トヨタと農業の関連は1998年から始まる。当時の奥田社長の時代から食料危機に備えるという命題があった。陸稲育種やサツマイモの海外生産を行ってきた。現在は三つの領域で事業を展開している。バイオマス事業は微生物を使ったエタノールにする事業、環境緑化事業は壁面や駐車場などに植物を設置する事業、そして今回の豊作計画も関係している農畜産事業に取り組んでいる。
2

・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:44 PM
5月 222015
 

 21日、全国米穀工業協同組合の第33回通常総会が東京麹町の弘済会館で開催された。議事では、全ての議案が承認された。理事長には(株)坂本食糧の坂本盛幸氏が再任。組合の基幹事業である席上取引会の26年度成約実績は4,055㌧と前年実績を1,136㌧上回った。総会の後には、トヨタ自動車(株)の喜多賢二氏が「農業IT管理ツール「豊作計画」について」と題し記念講演を行った。

 Posted by at 1:26 PM
5月 222015
 

 全国餅工業協同組合の第42回通常総会が21日、全国包装米飯協会の第37回通常総会は19日行われた。共に、事務所(荒川区西日暮里5-27-4-201、電話03-3801-2030)が移転する。移転先は、新潟市中央区万代1-2-3-205(電話025-244-3444)。定款では移転は7月1日となっている。

 Posted by at 1:25 PM
5月 222015
 

《長野・山ノ内町》ホテル経営・株式会社ホテル玉峰・負債2億1000万円
《埼玉・さいたま市》酒小売・マックコーポレーション株式会社・負債1億3400万円
《福岡・北九州市》海産物卸売・株式会社スミタ屋など2社



・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 11:15 AM