6月 302011
 

~JAあまるめ(山形県東田川郡)

 JAあまるめ(東田川郡庄内町)のある庄内町は、05年に余目町と立川町が合併した町で、酒田市と隣接している。庄内平野のど真ん中に位置し全域が平坦地である。そのため、管内は同質で地域
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 10:51 AM
6月 302011
 

【MAうるち精米の22年-23年度
      の入札結果等の推移~豪州米が復活】

 22年度のMA米の入札は9月11日の第1回から3月16日の第11回まで行われた。M
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 10:47 AM
6月 292011
 

◇農水省は、中国向けコメ輸出の燻蒸処理倉庫を増やすため、施設内にカツオブシムシ等がいないことを証明する調査費用を助成する燻蒸倉庫を15カ所決めた。現在、指定燻蒸倉庫は9カ所ある。
◎中国向けコメ輸出、 カツオブシムシ類の発生調査の対象倉庫
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 7:13 PM
6月 292011
 

(1)【岡山・新見市】飲食店・持ち帰り弁当店経営、(株)マスターマインド、事業停止、自己破産
(2)【大阪・大阪市】(株)あべの共栄、自己破産を申請
(3)【福岡・福岡市】ビジネスホテル経営、(株)博多パークホテル、事業停止、自己破産
(4)【長野・茅野市】旅館経営、(株)蓼科グランドホテルなど2社、更生計画案の概要が判明
(5)【北海道・根室市】有機肥料製造、循環システム事業協同組合、破産手続
(6)【長野・諏訪市】清酒製造、麗人酒造(株)、民事再生法

Continue reading »

 Posted by at 9:23 AM
6月 292011
 

鹿野農林水産大臣記者会見概要

◇コメ先物関係部分
●昨日、民主党の方でも、かなり幅広い議論を始めて、今日も、朝から議論をしているようですけども、この先物について、一応、7月の25日というのが、一応、農水省として、結論を出すタイムリミットだと思うのですが、現段階として、大臣としては、いつ頃までに、今回の先物について、判断を下したいなと、現段階では、どういうふうにお考えか?
■大臣
6月25日の日に縦覧期間も終了いたしましたので、そのことを踏まえていきますならば、できるだけ早く、農林水産省としての考え方を出していきたいなと、こう思っております。まあ、いつまでというふうなことは、今の段階では、まだ、申し上げることできませんけれども、できるだけ早く、こんなふうに考えておるところだ。
●それは、党の方の議論も、もう少し、待ちたいということですか?
■大臣
党も議論もしておられますし、関係の方々とも話し合いというふうなものもある訳でございますので、そういう中でも、できるだけ早く、という考え方だ。
●商品取引所の方の、一応、やって欲しいという理由の一つにですね、要は、「生産者のリスクヘッジの機能があるんだ」というのを、まあ、こうセールスポイントにしているんですが、一方で、戸別所得補償制度というのは、「国が全額、変動部分、米価下がっても補填しますよ」という制度をやっておってですね、すでに戸別所得補償制度で、生産者に対するリスクヘッジというのを、もう既に、出来ているのだと思うのですが、そういう意味で言うと、コメの先物取引というのは、もし、今後、認可の方向の可能性があるとするならば、誰のための、何の目的の、というふうに大臣お考えなのかなと、リスクヘッジということであれば、戸別補償でも、出来ているのではないかなあと思うのですけども、その辺は、何か、お考え、まだ結論出てない段階ですが。
■大臣
今の段階で、今、ご質問されたことについて、言及される段階ではないと思っておりますが、基本的には、制度そのものが変わった訳ですよね。それはどういうことかといいますと、以前にも申し上げましたけども、価格維持制度というふうなものがとられておった。しかし、おコメに関しましてね。それが、今度はですね、生産費と販売価格とのですね、いわゆる、それに対して所得補償政策を行うと、こういうことでございますから、当然、この先物取引に対して、どういう姿勢で臨んでいくかというようなことも、変わっていくということも、「必要視されているんじゃないかなあ」というような想いをもってですね、今、最終段階において、関係の方々ともですね、お話をさせていただくというふうなことだと思っている。

 Posted by at 6:42 AM
6月 282011
 

□全米販、おこめ券販売、4年ぶり減少、690万1千枚
 全米販は、「おこめ券」の販売枚数が10年度より4.8%減の1,690万1,000枚と発表した。マイナスは4年ぶり。おこめ券は、使用期限はなく、いつでも必要な量を買えるとあって贈答用を中心に販売枚数を伸ばしてき
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 12:56 PM
6月 282011
 

◎全農22年産主食うるち米の今週の相対取引価格(期間6.27~7.3)は先週と変化無し。
  先週(期間6.20~6.26)の成約数量は4,566トン。
  累計の成約数量は1,725,794トン。
22年産主食うるち米の今週の相対取引価格及び過去のデータの閲覧~全農ネットとリンク
◎《A&A加工資料》6月13日~6月19日間の銘柄別成約数量と、前週との比較

・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 9:47 AM
6月 282011
 

◇国内産米の政府買入れ一般競争入札第7回の結果
◎6月23日行われた国内産米穀の政府買入れに係る一般競争入札の結果は、区分Ⅰ57㌧、区分Ⅱ50㌧の計107㌧。累計は74,328㌧。次回第8回入札は7月8日予定。

・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 8:30 AM
6月 282011
 

◎23年5月の相対取引価格は、産地銘柄ごとにバラツキがあるものの、全銘柄平均価格は、12,807円(対前月比100%、対前年同月比89%)となっている。
◇「平成22年産米の相対取引価格(出荷業者)(速報)(平成23年5月分)」23年5月分

 Posted by at 6:00 AM