2月 282011
 

「鹿児島県は、水田転作による加工用米の生産に、10アール2万円に1万円上乗せした3万円を、県の交付単価とする。地域の裁量で助成できる『産地資金』を使う。麹用米生産を後押しする。産地資金は、水田活用の所得補償交付金を補うものとして、国が481億円の枠で新設。鹿児島県には4億7,300万円が配分された。県域単価を設定したのは加工用米だけ。配分枠から6千万円を振り向ける方針。米粉用米や飼料用米といった新規需要米などの取り組み支援は、各産地の地域協議会の裁量に任せた。本年度の県内の焼酎麹用米作付け実績は300ヘクタール余り。上乗せによって、600ヘクタールの作付け計画を見込んむ」 (南日本新聞2.22)。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 9:52 AM
2月 282011
 

先週23日、22年産米を対象とした政府米買入れと、25日には23年産を対象とした播種前の政府米買入入札が実施された。22年産米の買入入札は前回(2月4日実施)、1万円台でも落札されなかったことから、1万円割れ、9千円台の価格で応札したところも多
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 9:39 AM
2月 252011
 

■「1人だけじゃない、落とせなかったのは!!ホクレンや全農は薄々知ってたんでしょうね。一種のインサイダー取引でしょう。なんなんでしょうね。前回1万100円でも落ちなかったって話?ガセじゃないと思いますよ。私も、産地から聞かれたので、農水は足切り価格水準を変えることはないっていっちゃった手前、悪いことしちゃっいましたよ。1万円割れで札入れちゃったと思うんですよね。多分、大量に落としたのは、ホクレン、北集、青森辺りでしょうかね。聞いた話では、1万500円で落としたらしいですから。足切り価格をアップしたことは間違いなし、少なくとも事前にアップするのを知っていたわけですよね。2回目で上げるって普通あり得ない話だと思うのは当然で、何かあったんですよ。オフレコですけど…、ン~ちょっと言えないな」(業界関係者)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

■「某大手卸の担当者と飲んだけど、大手量販店の新潟コシの特売は無くなるらしいよ。実質販売価格も上げるらしいね。値上げなんてあけすけにいえないところが悩みの種みたいだね。売れなくなるでしょう。じゃあ、代わりに何を特売するのか?って聞いたら、彼のレベルではわからんけど、ひとめしかないだろうという話だわな。全国展開の量販なら、1回のオーダーで100トンなんてこともあるわけで、関東コシとかは無理でしょう。こまちもきついでしょう。つがるロマンとか言ったら、バイヤーに怒られるでしょう。引き算すると、ひとめしか残らないよ。ウチは、長期契約したひとめを結構持ってから、バンバン売って高く買ってよって言っといたけど。23年産のひとめは歩留まりも良いし、食味も悪くないし、4月小麦も上がるし……」(商社筋)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:17 PM
2月 252011
 

 「変動部分が1俵1,715円と決まった。補償額は定額部分と合わせ3,440円に膨らんだ。しかし、東北は農協系統に出荷した場合の収入は全国平均を大きく下回る。あきたこまちの概算金が前年比3,300円減の9千円の秋田県。専業農家三浦さん『収入は概算金と戸別補償を合わせて1万2,400円。期待外れだ』と語る。戸別補償は、全国平均で、標準的な生産費用に匹敵する1万3,703円の収入を確保できるよう設計されている。宮城のひとめぼれ8,700円等。制度に加入しなかった福島市の兼業農家・加藤さん『この程度の補償では、手間を掛けて、加入条件である生産調整をする気にはならない』と、この先も制度加入は見送るつもりだ。東北大の伊藤房雄教授(農経)は『制度は一定程度、機能したと言える。ただ、概算金の高低による地域的な格差や、直販か系統出荷かという販売方法の違いによる収入格差が顕著になり、農家の経営感覚が一段と問われるようになった』」 (河北新報2.23)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 2:13 PM
2月 242011
 

 1月の対前年同月比の販売高動向は、スーパー(店舗調整後99.9%、26ヶ月連続マイナス)、百貨店(同98.9%、3ヶ月連続マイナス)が横ばいからマイナス、コンビニ(全店ベース107.2%、3ヶ月連続プラス)はプラスとなっている。それぞれの1月販売高は、1兆865億円、5,541億円、6,575億円である。コンビニは新規出店が旺盛で伸びているわけだが、その分既存の個人商店ーや個人経営の食堂が喰われている状況だから、全体の消費動向を反映しているとは思われない。スーパーの食料品は、前年同月比99.6%、前月比89.7%で、「米は不調」に分類されている。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 1:47 PM
2月 232011
 

 22年産の変動部分は、1俵1,715円と算定された。標準販売価格(過去3カ年平均)11,978円、22年産販売価格(農家手取)10,263円。11,978円-10,263円=1,715円。交付単価10アール1万5,100円。 今週の全農相対価格は、山口ヒノ▼500円で11,500円。

 Posted by at 3:36 PM
2月 212011
 

「TPPを巡り先週、農業関係者を集めた会議が、農水省内で開催された。出席者によると、会議は朝9時からだったが、17時間という長丁場になった」(事情通)らしい。問題が問題だけに、討議がまとまらないのは当然なのかもしれないが、それにしても17時間とは、まったく異様な長時間である。「主催した農水省自身の考え方が内部分裂しているため、農業関係団体が対応策を求めても、そうしたものは出てくるはずもなく、堂々巡りで徒労感だけが残った」とその出席者が話していたそうであるが…。農水省として、ひとつの金属疲労の現れなのかもしれない。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:14 PM
2月 212011
 

 全米工の17日東京席上は、売り917トンに対して109トン成約。茨城コシ2等JA400俵着12,500円、白米A12トン着103円、シラタ白20トン着103円、中国産くず米無選20トン着78円、国産ヤケ精米12トン着56.5円等、関東産雑未検21トン着8,200円。

 Posted by at 5:10 PM
2月 212011
 

九州農政局は18日、JAS法で産地表示に必要と定められる農産物検査証明を受けていなかったとして、J大分県農業協同組合に改善を指示した。
以下、九州農政局より引用
リンク先

大分県農業協同組合が販売した袋詰精米の不適正表示に対する措置について

大分県農業協同組合(大分県大分市大字羽屋600番地の10)が、販売する袋詰精米、「商品名:自然乾燥米ひとめぼれ 販売者:大分みどり農業協同組合」(以下「当該商品」という。)について、農産物検査証明を受けていない玄米を使用していたにもかかわらず、産地及び品種を表示し、一般消費者へ販売していたことを確認しました。

このため、本日、大分県農業協同組合に対し、JAS法に基づく指示を行いました。
経過

1. 九州農政局は、平成22年11月4日から平成23年1月20日までの間、大分県農業協同組合大分みどり地域本部(大分県竹田市大字飛田川2095番地1。以下「大分みどり地域本部」という。)に対し調査を実施しました。

2. この結果、九州農政局は、大分みどり地域本部が以下の行為を行っていたことを確認しました。
( 1 )当該商品について、農産物検査証明を受けていない玄米を使用したにもかかわらず、一括表示の原料玄米欄に「産地:大分県、品種:ひとめぼれ」と表示したこと。
( 2 )当該商品に表示していた一括表示の様式が、JAS法に基づく玄米及び精米品質表示基準に定められた一括表示の別記様式(平成21年1月9日の改正に伴い、平成22年4月からは別記様式1又は別記様式2)ではないこと。また、販売者「大分みどり農業協同組合」は、平成20年6月の合併前の名称であること。
( 3 )大分みどり地域本部は、上記(1)、(2)の行為について,JAS法で定める玄米及び精米品質表示基準に基づく表示となっていないにもかかわらず、少なくとも平成20年9月から平成22年11月までの間に、2,695kg(5kg入り×539袋)を一般消費者へ販売していたこと。

措置
1. 大分みどり地域本部が行った上記(1)及び(2)の行為は、JAS法第19条の13第2項の規定により定められた玄米及び精米品質表示基準第4条第1項第2号イ及び同条第2項並びに第5条第1号、第2号及び第3号の規定に違反するものです。
2. このため、九州農政局は、大分県農業協同組合に対し、JAS法第19条の14第1項の規定(別紙参照)に基づき、次のとおり指示を行いました。

( 1 )大分県農業協同組合が販売するすべての食品(加工食品にあっては大分県農業協同組合が表示責任者であるもの)について、直ちに表示の点検を行い、今般、違反が確認された袋詰精米を含め、不適正な表示の商品については、速やかにJAS法第19条の13第1項又は第2項の規定により定められた品質表示基準に従って、適正な表示に是正した上で販売すること。

( 2 )大分県農業協同組合が販売していた袋詰精米の一部に不適正な表示が行われていた主たる原因として、食品の品質表示制度に関する認識が欠如しており、不適正表示を防止するチェック体制に不備があると考えざるを得ないことから、これらを含めた原因の究明・分析を行うこと。

( 3 )(2)の結果を踏まえ、大分県農業協同組合における品質表示に関する責任の所在を明確にするとともに、品質表示の相互チェック体制の強化、拡充等の再発防止策を実施すること。

( 4 )大分県農業協同組合の全役員及び職員に対して、品質表示制度についての啓発を行い、その遵守を徹底すること。

( 5 )(1)から(4)に基づき講じた措置について、平成23年3月18 日までに九州農政局長あて文書で提出すること。

JAS法違反の事実に対しては、食品表示連絡会議を構成する各行政機関(消費者庁、警察庁、農林水産省)と連携しつつ、厳正な対応に努めてまいります。

<添付資料>(添付ファイルは別ウィンドウで開きます。)
別紙:JAS法参照条文(抜粋)、玄米及び精米品質表示基準(抜粋)(PDF:102KB)
* 参考:大分県農業協同組合の概況(PDF:39KB)

お問い合わせ先
消費・安全部表示・規格課
担当者:清水、材木(ざいき)、紫垣(しがき)
代表:096-211-9111(内線4239)
ダイヤルイン:096-211-9184
FAX:096-211-9700

 Posted by at 12:45 PM
2月 182011
 

■「アサヒビールが中国の山東省で畑作と酪農をやっているんですが、ここで採れるいちごと牛乳が大変な人気なんです。人気の理由は美味しさもあるんですが、品質管理がしっかりしていて“安心”だというのが、中国人の評価なんです。これも日本ブランドの一端だと思うんですよ。中国や各国に輸出する農産物は、ブランドイメージを大切にすることが最も大事だと思うんです。海外の農産物に比べて日本の農産物が高いからといって、安かろう悪かろうの農産物を輸出したらダメです。せっかく築いたブランドイメージが崩壊しますから。コメも同じですよ」(団体幹部)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 12:37 PM
2月 182011
 

 『2020年における世界の食料需給見通し』によれば、コメの生産量は、08年比119.3%の5億2,560万トン。消費数量は08年の510万トンの過剰から40万トン不足する数字となっている。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 12:35 PM
2月 172011
 

 JA秋田ふるさと(横手市大森町)は、県南部の内陸部に広がる横手盆にある地横手市と美郷町の一部を管内とする。雄物川流域の水田耕地は複合農業地帯で、気象は典型的な内陸性気候、県内有数の豪雪地帯でもある。日照に恵まれ、気温の日較差も大きく農業生産に適す。「秋田ふるさと米」は稲作に最適な自然環境の中で作られている。

 
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:17 PM
2月 172011
 

 「東穀の渡辺社長は15日の定例記者会で、3月にも先物の上場を申請する考えを示唆した。商品設計を2月中に終え上場申請すると述べた。農水省は申請後3カ月の公示期間を経て、最終的に大臣が判断する。東穀は東京工業品取引所への市場移管を検討している。上場が認可されて取引が始まれば、他商品とともに東工に移管を求める。今回も農協組織の反発が予想される」(日経新聞2.16)


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:16 PM
2月 172011
 

 JC総研の「TPP疑問・反論シリーズ」、「韓国における農業政策の動向と農業構造の変化~韓国政府の農業予算(約9兆円)の実態と自由化対策」は、結構、衝撃的内容である。レポーターが柳京熙という韓国人だけに説得力あります。


・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 5:15 PM
2月 162011
 

 外食倒産は、過去10年ジリジリ増加しているが、07年から急増。前年も高水準(600件台)で推移。業種別は居酒屋の倒産が多く、過去10年で最多。10日、全国36店舗展開の「ちゃんと」が負債30億円。「今後、原材料価格高騰が懸念」(帝国)。ファーストフードはデフレ勝ち組、中でも「すき家」「マック」。TPPならこれら一部外食産業の寡占化は雪だるま。全農今週相対は、石川コシ300円高13,300円、滋賀コシ200円高13,100円、石川ゆめみずほ▼500円11,500円。先週の成約数は44,206トンとピーク時の6分1近くまで減少。

 Posted by at 9:38 AM