8月 222020
 

三船殉難事件(さんせんじゅんなんじけん)は、第二次世界大戦末期の1945年(昭和20年)8月22日、北海道留萌沖の海上で樺太からの疎開者を主体とする日本の緊急疎開船3隻(小笠原丸、第二号新興丸、泰東丸)がソ連軍の潜水艦(Ⅼ-12号・L-19号)からの攻撃を受け、小笠原丸と泰東丸が沈没して1,708名以上が犠牲となった事件である。1992年に拓殖大学の秦郁彦教授が調査した結果、ソ連太平洋艦隊に所属する潜水艦による攻撃であったことが確認された。

●【竹田学校】歴史・昭和時代編(戦後)⑤~三船殉難事件~|竹田恒泰チャンネル2

 Posted by at 7:40 PM
6月 292018
 

■「近くのマンションに一度に50人のベトナム人が入居したんですよ。1部屋に5人住んでいるんですけど、うちにとっては特需ですね。なにせおコメを沢山食べる。毎回30㌔購入するんです。なんでうちに買いに来るようになったかと言うと、もちろん近いのもあるでしょうが、
・・・・・・この記事は会員限定(有料)です。会員のお申込はこちらからどうぞ。

 Posted by at 12:16 PM